×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

疾病

生気のない街。色の無い空。

「げほっごほっ……かふっ」

少年は1人きり。病原菌は村中に蔓延し、生き残っているのは、もう彼しか居ない。そしてその彼の命も、もう――そう永くない。

「み……ん、な……どうし……て……」

病の名は、雛見沢症候群。村人たちは皆疑心暗鬼にかられ、凄惨な殺し合いを演じ、最期は自身で自身の喉をかきむしって死んでいった。仲間が殺し合い、そして凄惨な死を遂げていく……その全てを見た少年も、既に正気を保っていられる状態ではない。

もう、喉をかきむしる気力さえなくなった。ぽろりと瞳からこぼれた涙が、すっと首に流れて。

――かゆい。

「かゆい……か……ゆい……かゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆい」

涙はどんどん溢れて来て、かゆみは増すばかり。かいてもかいても、治まらない――

 

村に、完璧な沈黙が訪れる。

道には、血の海に横たわった少年が独り。

ひぐらしがく村の奥には、静かなる地獄絵図が広がる――

Othersへ戻る