×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

疑惑

「まさか……この村に、こんな秘密が隠されていたなんてッ……!」

「うふふ、私も長年にわたる研究から紡ぎ出した結論よ。到底信じられないけれど、事実には変わりないわ」

私は、鷹野さんのスクラップ帳を借りて、一晩中すみずみまで読み尽くした。この村に隠される恐ろしい秘密――あまりに突拍子で、本当に信じられない。

――でも、これが真実なんだ。

これが事実なら、これを知った私は奴らから命を狙われていることになる。このことを知っただなんて誰にも言うつもりはないけれど、奴らのことだ、もうとっくに知ってしまっているに違いない。

村の皆が、敵だ。

私は戦わなくちゃいけない。私の幸せを守るために。惨劇に呑み込まれないために。この村の恐怖と惨劇とを、誰かに言い伝えるために。もう、惨劇を起こさせないために――!

 

自分が正しいと思いこみ、自分以外の全ての人を敵だと信じこみ、オヤシロさまへの狂信の取り憑かれて、彼女は狂行に走ってゆく。静かに、ゆっくりと、堕ちてゆく。……惨劇に、呑み込まれてゆく。

「……うふふ……」

どこか物陰で、一人の女性がふと妖しく笑った、気がした。

Othersへ戻る